【空調服2018】〜新商品や新規参入メーカー情報

年々市場が拡大中の空調服(電動ファン付き(EF)ウェア)。昨年も参入メーカーが増えましたが、2018年もさらに新規で参入するメーカーが出てきております。 2018年は、コーコス、アイトス、タカヤ商事、自重堂、中国産業、大川被服、ミズノが新たに空調服に新規参入。

今シーズン、それぞれのメーカーが作業服で培った経験を踏まえ、特徴的な商品がをラインナップしております。参入メーカーが多くなった事で、様々な空調服を選べる反面、「どれを選んだらいいかわからない」と言った声も現状頂いております。そこで、まずは空調服専門サイトがおすすめする2018年空調服・バッテリー・ファンのフルセットをランキング形式でご紹介します。

2018 空調服おすすめランキング

2018 空調服 おすすめランキング

バートル エアークラフト AC1021

2018ランキング第1位

村上被服 空調服 V8302

2018ランキング第2位

バートル エアークラフト AC1031

2018ランキング第3位

始めて購入される方に、デザインや価格帯など、様々な点を加味した上で空調服専門サイトが自信を持っておすすめできる空調服を紹介しました。

ただし、空調服の利用用途によってはおすすめランキング内の商品ではまかない切れない部分があります。そこで用途に合わせた商品を紹介できたらと思います。

2018年 空調服を購入するなら何を重視して選ぶ?

昨年までに購入いただいた方に、空調服を購入される際に何を重視したかについて質問をしてみました。

2018 空調服の購入時に重視するポイント

結果をもとに分類してみると、「価格」「デザイン」「メーカー」「ファン・バッテリー」「ブルゾンのタイプ」の5つを重視して空調服を購入しているようです。

2018年もこの傾向は続くと考えれられますので下記より重視するポイント別に空調服をお選びください。

価格で空調服を選ぶ

価格で空調服を選ぶ

まずは「価格」という方は12700円〜と安い空調服がございます。比較的安価な価格の空調服を揃えておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

デザイン性から空調服を選ぶ

デザイン性から空調服を選ぶ

近年、若い方を中心にデザイン性の高い空調服を選ぶ傾向があります。最近では、年配の方でもデザイン性の高い空調服を選ぶ方が増えてきております。

空調服をメーカーから選ぶ→バッテリーとファンを考慮して選ぼう

「現在使用している作業服と同じメーカーの空調服が欲しい」など、

好きなメーカーから選びたいという方も多くいます。近年では、スタイリッシュな作業服も多く販売されており、空調服においてもバートルのエアークラフトや自重堂から発売されたZ-DRAGONブランドの空調服など、かっこいい空調服が数多く登場しています。

また、年々空調服市場に参入するメーカーが増え、2018年も多くのメーカーから新商品が発売しています。バッテリーやファンの性能もUPしていますので、その辺も考慮した上で、どのメーカーで購入するか検討した方が良いです。

空調服は大きく3つに分類される
株式会社空調服
株式会社空調服
空調服(R)展開する株式会社空調服。長年に渡り空調服の技術開発を行ってきている会社です。不良品発生率が0.1%以下という結果が物語るように、製品の安全性、信頼性が強み。
親会社のセフト研究所が、地球温暖化防止に貢献した個人・団体に贈られる「地球温暖化防止活動環境大臣表彰」を受けており、環境面でも認められている事がわかるかと思います。
特徴としてはファンの着脱が簡単な事、バッテリーが完全防水(JIS IPX5)、他メーカーよりも軽い
空調風神服
空調風神服
神服、2018年はファンについては斜めファンとフラットファンを選べるようになっており、さらにハイパワーのファンもある為、風量が強いファンを利用したい方にはハイパワーファンがオススメです。
ただし、稼働時間が半分になるのでご注意を!バッテリーについては完全防水ではありませんが、簡易防水で難燃素材をを使用しています。
バートルなどの独自開発系
バートルなど独自開発系
バートル、村上被服、シンメン、クロダルマなど昨年、空調服市場に参入したメーカーが2018年も進化して新たに空調服を販売します。特徴的なのは「かっこいい」「おしゃれ」「スタイリッシュ」などデザイン性に富んだ商品を販売している事。
2018年はファンの色を変更できるなど、これまでとは一味違った空調服を発売しているの2018年も独自開発系に注目が集まっています。

2018最新バッテリー・ファン比較

2018年のメーカー別バッテリーとファンの性能比較表を作成しました。メーカー毎に比べる事で、どのバッテリー・ファンを選ぶべきなのか?ご自身の使い方に合わせて検討してみてください。

2018最新バッテリー・ファン比較 表

2018年の最新ファンとバッテリーの比較してみると、基本的にはどのメーカーのファンとバッテリーでも連続稼働時間が8時間あるので、一日作業が可能です。※1

どのメーカーのファン・バッテリーを使っても機能性に大幅な差があるわけではありませんが、簡単にまとめると

■バッテリーについては、どのメーカーも改良を重ね大体一日の作業時間である8時間をカバーできる稼働時間を確保しております。ただしバートルの場合、高出力9Vで稼働させた場合、涼しい半面、連続稼働時間6.5時間となります。→ただし、他メーカーの最高出力7Vで比較すると連続稼働10時間なので、バッテリーの中では最有力の一つ

■2018年、バートルとサンエスから小型バッテリーが発売されました。「もっと小さいバッテリーが欲しい」「重いので軽いバッテリーが欲しい」「予備のバッテリーが欲しい」などの要望に応えられる小型バッテリ。小型ですので、容量が少なくなる為、稼働時間が短くはなりますが、短時間の作業に利用する方、予備として持っておきたい方に最適な商品となっております。

■独自開発系はファンの色や羽の色、ファンカバーによるファンの見た目変更が可能

■サンエス(空調風神服)系に関しては、「斜めタイプのファン」「フラットファン」があります。2018シーズンはハイパワーのファンが登場しており、全部で4種類のファンが発売されております。

※1使う環境によっては異なる場合あり。

ファンとバッテリーの特徴を踏まえ、メーカーを選んで購入をご検討ください。

バートルなど独自開発系の空調服

独自開発系
バートル「エアークラフト」
村上被服
シンメン空調服
クロダルマ空調服
マキタ
寅壱

株式会社空調服系

株式会社空調服系
自重堂
ジーベック
アイトス
タカヤ商事
山田辰
ベスト

空調風神服系

空調風神服系
サンエス 空調風神服
ビッグボーン
アタックベース
コーコス・ディッキーズ
大川被服
ミズノ

空調服単体(服のみ)においては、バートルがハーネスタイプの空調服を発売したり、クロダルマのベストの空調服、ビッグボーンのコンプレッションインナー一体型の空調服など、早く実際に見て頂きたい商品が多数あります。自重堂がZ-DRAGON(ジ−ドラゴン)ブランドの空調服、タカヤ商事がGRANCISCO(グランシスコ)での空調服など、話題が尽きない2018年空調服事情!

昨年も早くから完売した商品もありました。2018年も限定の商品、数が少ない商品、人気で即完売する商品多く出てくると予想しています。新しい情報が入り次第、またお知らせさせていただきますが、多くのブルゾンが発売されていますので、下記ブルゾンのタイプから自分に合う空調服を見つけてみてください。

  • 法人様向け空調服サービス
  • FAX注文もOK!!
  • 会社概要
  • 直営店舗あり※当サイトの商品は直営店で試着可能です
建築・建材展(電動ファン付き作業服のブース出展)

2017/3/7〜3/10に東京ビックサイトで開催された「建築・建材展2017」で空調服(ファン付き作業服)のブースを出展

2017環境展・2017地球温暖化防止展にて電動ファン付きジャケットのブース出展 TBSテレビ:新・情報7daysニュースキャスターから電動ファン付きジャケットの取材を受けました。

2017/5/23〜5/26に東京ビックサイトで開催された「2017new 環境展、2017地球温暖化防止展」にてTBS:新・情報7daysニュースキャスターから電動ファン付きジャケットの取材を受けました。